入荷してました。

ハイオク満タン!

どうも!

埼玉の秩父市にあります、古着andmore!屋アンバイワークスです!
デフテック!
CD雑貨もあります。

今日はナイス天気!
ポッカポカでちょっと暑いくらいですね。

本日も絶賛平常運転です。

今日は、最近入荷したCDのご紹介。

JUNK HEAD/PLAY DEAD SEASON
JUNK HEAD/PLAY DEAD SEASON. 1890yen
“★若手NO.1硬質オルタナ・ロッキン・ハードコア、PDSが放つシーン待望のデビュー・フルアルバム!!! ★ex-SPIRAL CHORD / 200MPHのherAxによるプロデュース!! ★アートワークはex-200MPHのHYS氏、レコーディング・エンジニアにはkillieやsoraを手掛ける大澤康祐、マスタリングはCLEAVE/ ATTICstudioの山中大平、MVのディレクションにex-BANDWAGONの池田啓介という豪華布陣を迎え完成した渾身の1stフルアルバム!!! 2011年にリリースされた「静カニ潜ム日々」とのsplitCD、またそれに伴う精力的な本数のツアーで全国にその名を轟かせた2006年結成の東京発フォーピースバンド、PLAY DEAD SEASONが、待望と言える1stフルレングスアルバムをSAY HELLO TO NEVER RECORDINGSよりドロップ! 荒々しいドライビンなロッキンハードコアサウンドは、DRIVE LIKE JEHUやHOT SNAKES、JAWBOX、日本ではcowpers等のバンドの血を受け継いだ硬質で鋭角的なもの。今作はプロデューサーに国内のオルタネイティブを支えるex-SPIRAL CHORD/200MPHのherAx(初プロデュース作品)を迎え敢行!そしてアートワークは前作同様ex-200MPHのHYS氏に依頼。バンドが敬愛する200MPHメンバーによる完全バックアップの基、前作以上に男臭く、無骨で実直な人間性が見える作品となった。 レコーディングエンジニアは前作に引き続きkillieやsoraを手掛けるex-PASTIMEの大澤康祐、マスタリングはATTICstudioにてCLEAVE山中大平が担当。MVも前作に引き続きex-BANDWAGONの池田啓介が制作と、今回もバンドマンづくしの完璧な布陣で挑む。ロックの持つエッジ、テンション、ソウルをより昇華させたPDS!発売後に行われるリリースツアーや、7月には米・テキサスからの刺客、PSWINGSETと行われるカップリングツアーも是非要チェック!ナマで体験して下さい!”
最近のゴリ押しです。オンラインでも販売してますので是非。商品ページへGO!

Blah!/CRISPY NUTS
Blah!/CRISPY NUTS. 1800yen
“海外のファンが増えた事をきっかけとし、今回のアルバム「Blah!」を海外のCRISPY 初心者のために作る事を決定。
今までCD音源が1作品しかないので、CDが欲しいという日本のファンも多かったため、海外だけではなく日本でも販売する事となり、2013年4月2日にようやく世界配信決定!!
このアルバムは、ライブ等で人気の高い曲をメンバー自身でセレクト、全曲リレコーディング・リマスターし、現在のCRISPY NUTSの音に完成されている。
そして、曲を知っている人も知らない人も思わずダンスしたくなる様なHAPPYな作品となっている。こうしてCRISPY NUTSの快進撃はまだまだ続く!!!”
ガールズボーカルパンク!Youtubeとかで検索してみるといいですよ!こちらも、オンラインで売ってます。
商品ページへGO!

Change the regret to the bread/yellow gang
Change the regret to the bread/yellow gang. 840yen
“シンガロングスカパンク!!約2年ぶりとなる久々の音源はメンバーチェンジ後初となる全曲キラーチューンな5曲入りミニアルバム! ●現行スカパンクシーンでも一際存在感を放っているyellow gangの久々の新作!待ってました! 昨年メンバーチェンジがありつつもその活動を止めることなく、新メンバーSHIUCHI GANG(GRILL CHICKENS)を迎え新生yellow gangがスタート!「サウンドに変化が。。。?」なんて心配は今回の音源で一発で吹き飛ぶでしょう!むしろ更に「シンガロング」&「ポップパンクビート」感が増し、yellow gang節が更に強烈になった印象を受ける全5曲!M1タイトル曲「Change the regret to the bread」は初っ端からyellow gangらしい捻くれポップ感満載なキラーチューン!サビでは飛び跳ねながらシンガロングの図が容易く想像できる今後のライブでも彼らの勝負曲になる1曲!M2ではSHIUCHI GANGがメインをとるサーフポップパンク+スカパンクな有りそうでなかった彼らだから成せる曲に仕上がっております。M3は昨年発売されたIHSR年末恒例コンピ「DIGUP THE NEW UNDERGROUND!」にも 収録され評判の高かった1曲を録音クオリティもパワーアップして収録!M4はこちらも十八番の高速スカチューンで畳み掛けるライブ映えしそうな仕上がり!最終曲M5はミドルテンポに乗せたグルーヴィーなメロディー/サビでの圧倒的シンガロングでこちらもライブでの大合唱が感じ取れる1曲になっております。 「スカパンク」を軸に全曲通してyellow gang節を存分に詰め込んだキラーナンバーのみで集約させた新生yellow gangによる全5曲!”
テンション上がります。

THE ALBUM LEAF
Forward/Return + Torey’s Distraction/THE ALBUM LEAF. 2415yen
“前作『ア・コーラス・オヴ・ストーリーテラーズ』から2 年半以上の歳月を経て、バンドメンバーと録音環境を一新し、疑いもなく最高傑作と言えるほどの素晴らしい内容の新作『フォーワード/リターン』と、傑作オリジナル・サウンドトラック『トーリーズ・ディストラクション』の2 枚をカップリングした(収録時間は合わせて70 分超)、ジミー・ラヴェル率いるアルバム・リーフによる日本限定のCD2 枚組リリース!  ●『フォーワード/リターン』(DISC1)冒頭の「Stretched Home」で、聴いていてハッとするようなトランペットのフレーズが入ってくるあたりから、これまでのアルバム・リーフとは何かが違う。洗練を極めつつ、内に向かって沈潜していくような印象もあったサブ・ポップからのフル・アルバム3 作と比べると、それとは異質の心地よい開放感、「Under The Night」で歌われる「新たな始まり」を裏付けるような清新さがある。一方の『トーリーズ・ディストラクション』(DISC2)は、アコースティック・ギターを主体とした短くて輪郭のはっきりとしたインスト曲が多くを占めるが、対照的にアンビエントでアブストラクトな楽曲も入っていたりと、ラヴェルのソングライティングの引き出しの多さを窺わせてくれる。 ●バンドには、ジミー・ラヴェルと以前から在籍していたヴァイオリンのマシュー・レソヴィッチの他、かつてアルバム・リーフのレーベル・メイトだったマーキュリー・プログラムのドラマー、デイヴ・ルブルーと、サンディエゴのマルチ奏者、ブラッド・リーが新メンバーとして加入し、4 人編成となった。とりわけ、ルブルーの柔軟なドラミングとリーのトランペットの音色は、アルバム・リーフの楽曲に新たな息吹をもたらしているようで印象深い。ラヴェルがロサンゼルスに新たに構えたホーム・スタジオでほとんどの録音とミックス作業を行ったことも、楽曲とプロダクションの完成度を高める一方で、重苦しさとは無縁のリラックスした雰囲気を生み出している。”
やっと入荷出来ました。是非、アルバムリーフの世界へ。

と、CDも扱ってるアンバイワークス、まだまだ営業中です!

そしてお知らせ。
そのうち、ONLINE STOREがオープンしました。
http://www.anbai.net/
商品少なめでのオープンですが、暖かく見守っていただければ幸いです。
お願いします!

あとあと、ツイッター、Facebookも気休め程度にやってます!嘘です!ガチです!

Twitter
http://twitter.com/anbaiworks

Facebook
http://www.facebook.com/anbaiworks
フォロー&いいね!して頂きありがとうございます。
anbaiworks.の今!を是非、チェックして下さい。

最後までご覧頂きありがとうございました!

(c)anbaiworks.
------------------
〒368-0041
埼玉県秩父市番場町15-1土岐沢ビル2F
Tel&Fax. 0494-24-5999
Open13:30-Close21:00
月曜日定休

てへぺろ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする